マンション経営のリスクを把握|現実を視ることが成功への秘訣

利用すると便利

マンション管理でお困りの大家の方は、マンション管理会社を利用しましょう。安心して依頼できるマンション管理会社を利用することで、今以上の状態でマンションを管理してくれます。少しでも効率的にマンションを運営しましょう。

More Detail

投資先に太陽光という選択

現在は太陽光発電がブームです。土地を持っていない方で太陽光発電を検討されている方は、土地付き太陽光発電の検討をおすすめします。インターネットで検索をかければすぐに欲しい情報にたどり着くことができます。実際に土地付き太陽光発電の購入検討段階の際はご自身の頭で判断をすることが大切です。

More Detail

競争過多と初期投資

別収入で経営難の注意回避

マンション経営のリスクは最初に莫大な初期投資を行うことです。小さくても数千万円、大きくなると億単位の建物費用を必要とします。この莫大な初期投資の金額を入居者の家賃で長年かけて回収していくことになりますが、建物は途中で劣化するので、途中で修繕費用を追加する必要に迫られます。マンション経営の次のリスクは既にこの業界では競争過多になっています。空室問題が多くの物件で現実問題となっています。空室率を相当大きく見積もり、かつ同業者との家賃競争で勝たなくてはならない難しい問題を分析しなければなりません。そしていざ経営難に陥った際の収入補てんをどうするかとなります。これは本業だけの収入では賄いきれないリスクをどうするかとなります。となれば別の副業で安定して稼いでいるか、相当な貯蓄を抱えているかの対策が欠かせません。そして最後は不動産業者にすべて任せないことです。サブリースなどの方法がありますが、全部任せてしまうということは、実質的な経営権を不動産業者に抑えられることになります。そうなれば空室が発生した際に家賃を値下げしろとか無理難題が降りかかり、最終的に借金だけ残ることになります。

特徴

マンション経営の特徴は莫大な初期投資を最初に行った後、入居者の家賃で返済していく構図がその基本となります。そしてその返済期間は20年以上の相当長いスパンになることがこの経営の特徴となっています。この経営のリスクは莫大な設備を抱えるために一度始めたら途中でやめることが困難に陥る点です。途中でほかの人に売却もその資産規模から難しい状況となります。このマンション経営は言い換えるならばまるで鉄道経営に似たような感じともなります。しかしこの経営では一度初期投資をすればあとは収入だけ期待していればいいというわけではありません。その間に建物劣化していきますから、途中の修繕費用の追加リスクも考慮しなければなりません。となれば常に安定して顧客を確保して空室を最小限にとどめるかが大きな課題となります。そして何よりも開業前の時点での綿密な需要調査での読みを間違えないかが大事となります。

転勤は家賃を得るチャンス

転勤などで自宅を長期間留守にする場合は、リロケーションを行って家賃収入を得ることが得策です。リロケーションでは定期建物賃貸借で入居者と契約を交わすため、転勤終了後は再び自宅で暮らせます。また、管理業者に委託すれば、リロケーションも手軽に行えます。

More Detail