転勤は家賃を得るチャンス|マンション経営のリスクを把握|現実を視ることが成功への秘訣

マンション経営のリスクを把握|現実を視ることが成功への秘訣

転勤は家賃を得るチャンス

転勤などで自宅を長期間留守にする場合なら、賃貸物件としてほかの人に貸し出すという方法があります。これは一般的にリロケーションと呼ばれていますが、これには幾つものメリットがあります。先ず、家賃収入が期待できますので、住宅ローンが残っている場合でも、その収益を充当して支払えることが大きな利点です。また、長期間自宅を留守にした場合は、室内の風通しが悪くなり、住まいも劣化しやすくなります。しかしリロケーションを行っていれば、入居している人が換気などをしますので、家の傷みも防げます。もしもリロケーションをせず、風通しなどの管理を業者に任せますと費用が掛かりますが、リロケーションなら逆に収入が発生しますから、その意味でも魅力的な選択肢です。

自宅を貸し出した場合、転勤が終了した後にも入居者に居座られたらどうしようかと、不安になる場合もあるかも知れません。ですがリロケーションでは、定期建物賃貸借という契約を交わしますから大丈夫です。この契約スタイルは通常の賃貸契約と違って2年間ごとの更新制度がなく、その代わり入居期間を定めます。契約期間が満了した場合、入居者は物件を退居することが法律で義務付けられているため、安心して自宅を貸し出せるようになっています。しかしながら、入居者とのやり取りが面倒という場合も多々ありますが、その際に重宝するのが管理業者です。リロケーションの代行業者などへ委託しますと、賃貸に関わる煩わしい作業を一手に担ってくれますので、手間を掛けずにリロケーションが行えます。